携帯電話の審査基準について教えてください。

携帯電話会社の審査は、信用情報機関のデータを参考にしています。ですのでキャッシングの借り入れ、クレジットカードの履歴、過去の金融事故、滞納の有無や期間などが審査基準と言えます。

 

携帯電話の審査に通りたいなら、貸金業者からの借り入れ数は少ないほうが良いです。借入総額も少ないほうが良いです。キャッシングやカードローンの延滞がある人は、延滞分を返済してから申し込むべきです。

 

過去3年から5年の間に任意整理や自己破産した人は、信用情報機関からデータが削除されているか確認してください。削除されていれば一応、審査に影響しない事になっています。逆の場合、審査ではマイナスです。

 

意外に知られていないのが携帯料金の滞納です。審査に影響します。これは携帯電話の契約がローンになるためです。何度も料金を滞納している人は気をつけましょう。滞納中の人は、早い段階で解消しておいてください。

 

もし今、欲しい携帯電話があり、申し込みしたい人は、申し込みする前に借金を減らしておきましょう。延滞も解消しておくと、審査に通りやすくなります。信用情報はすぐに回復するものではありません。日頃から無駄な借り入れを控え、返済があるなら期日にきっちり支払っておく事をおすすめします。